コラム
流山市のホワイトニングサロンヤニを落とそう!白い歯をキープする食事メニューとは

流山市のホワイトニングサロンヤニを落とそう!白い歯をキープする食事メニューとは

ホワイトニングによって手に入れた白い歯は、周りの人に清潔感や健康的な印象を与えるだけでなく、若々しくみせる効果もあります。

しかし、ホワイトニングサロンやセルフホワイトニングサロンなどでせっかく白くなった歯も、日常生活の中で徐々に色戻りをしてしまいます。こんなときは日常生活で歯の着色の原因となる、食事を見直してみるのも一つの手段です。

そこで今回は、流山市内や流山市周辺にある、歯科ホワイトニングやセルフホワイトニングサロンをお探しの方に向けて、ホワイトニング後の食事メニューをご紹介します。

流山市で歯科ホワイトニング・セルフホワイトニングサロンをお探しの方必見!白い歯をキープするために気をつけたい食事メニュー

ホワイトニング後の食事メニュー

歯科ホワイトニングで歯のホワイトニングを行うと、歯の表面を保護しているペリクルという層が剥がれてしまいます。これは、歯のエナメル質がむき出しになって飲食物やタバコのヤニなどが着色しやすい状態です。

ペリクルは時間の経過とともに再生し、再生には24〜48時間ほどかかるといわれていますので、1日~2日間の間は着色しやすい食事を制限する必要があります。では、一体どのような飲食物が着色しやすいのでしょうか。基本的に色が濃い飲食物は白い歯を着色しやすい傾向にありますが、色素以外の原因でも着色することがあります。

食べ物の例では以下のようなものが挙げられます。

  • ミートソース、ナポリタン、デミグラスソース
  • ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリー
  • カレーライス
  • チョコレート
  • 豆腐などの大豆製品

ミートソースなどに使われるトマトの酸が歯の表面を溶かしたうえで、トマトの色素が歯につくことが原因となります。同様の理由でベリー類の果汁の酸と、アントシアニンの濃い色素も歯に色をつけてしまうのです。

カレーライスは、スパイスに含まれるクルクミンの色素が原因となり、プラスチックトレーなどに残る黄色い色からもそれがわかります。チョコレートは、健康成分で有名なカカオポリフェノールが上述のペリクルと結びつくことで、歯の着色の原因となります。濃い色素を持っていない大豆製品もポリフェノールを多く含むため、着色しやすい食材です。

よく口にする飲み物の中で着色しやすいといわれるのは、コーヒー、紅茶、赤ワインです。そのほか、緑茶、ウーロン茶なども着色しやすいとされています。最初に述べた3つはポリフェノールやタンニンを含んでおり、いずれも着色を促進する成分です。また、お茶に共通して含まれるカテキンも着色しやすい成分です。着色しやすい代表的な成分として、ポリフェノールやアントシアニン、タンニンやカテキン、イソフラボン、酸性食品などが挙げられます。

以上がホワイトニング後の食事メニューにおける注意点です。ホワイトニング後以外でも、歯の白さをキープすることにつながりますので、覚えておくようにしましょう。

流山市のセルフホワイトニングサロン・ホワイトブライト流山では、高性能な機材を使用し、低価格・短時間でこまめなホワイトニングが可能です。流山市内や流山市周辺で歯についたタバコのヤニが気になる方、綺麗な白い歯を取り戻したい方は、セルフホワイトニングサロン・ホワイトブライト流山へお越しください。

タバコのヤニを除去!流山市でセルフホワイトニングサロンに通うならホワイトブライト流山

白い食器

ホワイトニングを行った直後は、歯の表面のペリクルという保護層が剥がれ、着色しやすい状態となっています。ペリクルの再生には24〜48時間かかるため、この間は酸性食品やベリー類、大豆製品といった着色しやすい食べ物は避けるほうが望ましいでしょう。

またコーヒーや紅茶、赤ワインなどのポリフェノール類、緑茶やウーロン茶も着色しやすい飲み物となっています。と同時にタバコのヤニも除去することも、白い歯をキープする為には必要です。ホワイトニング後は意識して食事をするように心がけましょう。

流山市のホワイトブライト流山では、高性能な機材を使用したセルフホワイトニングを提供しています。歯についたタバコのヤニを除去したい方はぜひご利用ください。

流山市でホワイトニングサロンならホワイトブライト流山

会社名 ホワイトブライト流山
住所 〒千葉県流山市南流山4-1-14 パティーナ南流山 601
電話番号 04-7157-3793
営業時間 10:00~20:30
(最終受付19:00)
定休日 月曜・第2、第4日曜日
最寄り 南流山駅北口徒歩1分
URL https://whitebright-nagareyama.com/